ボージョレーヌーボーの謎

今日はボージョレーヌーボーの解禁日です。
今まではボジョレーヌーボーと呼んでいましたが
どっこい
beaujolais の日本向け公式サイトでは
「ボージョレーワイン委員会」「ボージョレー観光局」など
すべて「ボージョレー」という表記をしています。
我が家でもささやかですが、毎年決まったボージョレーヌーボーの
ボトルを箱買して楽しんでおり、今年の出来はとうそぶいております。
さて以下は聞きかじりです。

もともとボジョレーヌーボーに、解禁日はありませんでした。
そのため販売者たちは、われ先にとボージョレーヌーボーの
販売開始日を早めてしまい、
どの店よりも早くボジョレーヌーボーを売りに出せば、
そのお店で買うお客さんが増えます。

しかし、あまりにも競争が過熱した結果、ワインの醸造が終わらないうちに、
販売を開始するお店が出てきてしまいました。

当然、それではボージョレーヌーボー全体の質が落ちてしまいます。

そこで、解禁日を設け、
その日まではボージョレーヌーボーの販売・消費を 禁止することにしたのです。

ワイン大国フランスがワインの質を守るために解禁日を設けたという、
ボージョレーヌーボー解禁日の謎が解けました。

ちなみに、ボージョレーヌーボーの解禁日は、毎年11月の第3木曜日です。
f0153085_14573439.jpg




煮付けにはワインは似つかわしくない?
[PR]
by do-hiroshi | 2013-11-21 06:00 | Comments(0)