安かろう悪かろう

値段が安ければそれだけ質が落ちるであろう。
安い物によい物はない。
という意味の『 安かろう悪かろう 』ですが
それを地でいったのが京都の夜の食事でした。
品としてはまずまずでしたが、グラスは汚れ茶碗はひびが入り
締めの炊き込みご飯が肉料理の前に出て、そのままお釜へ戻すという
前代未聞の荒業を体験。 
さらにご飯のお供の赤出汁はご飯の食べ終わった後に来るという見せ場を。
もうじき堪忍袋の緒が切れるところでしたが
お勘定の段でその怒りが冷めました。
過去京都で頂いた夕食のお代の3分の1でしたから。
そこで結論 安くて美味いのは金沢や!
f0153085_10541724.jpg
[PR]
by do-hiroshi | 2014-04-09 06:00 | Comments(0)