親の有り難さ

昨日の朝、何げなく目が覚めて時計を見ると「午前5時46分」。
そして6時のニュースで阪神・淡路大震災から丸23年と。
もうそんなに経つのですね・・。
街は見事に復興したけれど肉親や友人を失った方々の悲しみは消えない。
心からのご冥福を祈りました。
さて
今月から某取引会社の営業が若い女性に変わり、出身が山形というので
「今回の金沢の雪ぐらい何ともないでしょう?」と聞くと
「親の元ではとても守られていたと実感しました」との答え。
親御さんが娘を想い朝な夕なに除雪をし、大切に育てられたんだなぁ~と
体も心も温かい家庭で育った事を想像させてくれた。
まっすぐに歩んで幸せになってほしいね。

阪神・淡路大震災や東日本大震災をはじめ交通事故や不慮の事故で
親を亡くされた方々を強く思う、そんな一日でした。

子(好光さん)を想う親の気持ちが4行目に 97歳亡くなる直前の書
f0153085_08265537.jpg
[PR]
by do-hiroshi | 2018-01-18 06:00 | Comments(0)