7年、自分は何をしてきた?

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」


このことわざを悪い意味に取りやすいですが
必ずしも悪い意味ばかりではないと思います。
忘れるっていうのは人間にとってとても大切な事なのです。
忘れるという漢字は心を亡くすと書きます。
そんな辛さを忘れるから生きていかれるのかもしれません。

はやいもので明日で東日本大震災から7年、
実際に苦しみを味わった方々には酷なことわざかもしれません。
笑顔で少しでも前進できるようお祈りいたします。

孔子は過ちを改めない事を過ちとおっしゃっています。
原発事故だけは二度と起こさないようにすることが日本の責務ではないでしょうか。
f0153085_08253213.jpg
[PR]
by do-hiroshi | 2018-03-10 06:00 | Comments(0)