一花開

『一花開天下春』
これは新幹線の父と言われた十河信二の座右の銘で
「いっか ひらきて てんか はるなり」
「一つの花が開いて世の中に春が来たことを知らせる」との意。
まさに春、そんな男になれればいいが・・。
また
十河信二の遺書の中に『夢は生命なり』とある。
わずかですが今少し夢を追う青年でいたいと思います。

4月新年度がスタートしますが
後悔無いよう日々歩いてまいります。
f0153085_09244261.jpg
[PR]
by do-hiroshi | 2018-04-02 06:00 | Comments(0)